風俗嬢をやっていてよかった事

風俗で働くメリットは、高収入という面以外で何があるのか?やりがいは感じられる? - 風俗嬢をやっていてよかった事

風俗嬢をやっていてよかった事

rgerea
仕事はたいそう辛いものです。
毎日出勤していたとしても「このまま電車を乗り過ごしてしまって旅に出てみたいな」なんて思うことがありますね。
そう考えると仕事にどうして毎日毎日通っているのだろうと思うと、やはり報酬以外の魅力があるからなのかも知れません。
仕事を始めた頃にはまだまだ右も左もわからなくて、どうやって仕事をすればいいのか手一杯だった人も時間が経つにつれ多くの場数を踏み「ある」体験をなすからこそ仕事に毎日通おうと思うのです。

報酬だけが目当てではない

仕事は決して報酬だけが目当てでやっているわけではありません。
当たり前ですが、仕事を個人事業でやっていない限り自分がどれだけ働いたとしてもそれは会社に帰属する利益となります。
株式会社は営利性を持つ団体、持分会社においても何らかの形で利益配当はなされますから例え自分がどれだけ働いて給料をたくさんもらったところで会社にとってみたらただの費用でしかないのです。
つまるところ、報酬だけを目当てに仕事をしたってそれほどおもしろみはありません。
だからこそ報酬目当てで仕事を続けていくことは難しく、結局の所何らかのやりがいと結びついて仕事を続けられるのです。

風俗の仕事にもやりがいがある

風俗求人に応募し仕事をやっているという方も、口々に「風俗で仕事をしているとやりがいを感じることがある」とおっしゃいます。
働き始めの頃には毎日もらえる報酬がやりがいにつながります。
だんだんと報酬にも慣れてくると、「男性はどうしたらより満足してもらえるのだろうか」という研究にやりがいを感じるようになります。
例えば男性のどこが性感帯になっているのかとか、接客するときのマナーを改善しよう、時間を有効に配分しようといったものです。
そして、自分で考えたことを男性に試してみたら男性が実際に喜んでもらえたときにはより大きなやりがいを感じられることでしょう。

だからこそ長く続く人がいる

風俗の仕事は流動的で、すぐにやめてしまう方も多くいらっしゃいます。
けれども、長く続けられている人がいるというのも又事実でその背景には仕事に対してやりがいを感じられているという基礎があります。
どのような仕事でも長く続けるためには働きに見合うだけの報酬をもらうと共に、仕事の中でやりがいを感じられるようにならないとなかなかうまくいきません。
すぐにやめてしまうという方は、なかなかもらえる報酬に対して魅力を感じられないと言いますかやりがいを感じられないといえるのでしょう。

どんな仕事にも必ずつきものだ

これから風俗のお仕事にはどのようなやりがいがあるのかと言うことをご説明していきたいと思います。
風俗だって立派な仕事ですから、やりがいがつきものと言うことは間違いありません。
けれども、そうしたやりがいがあると言うことではなく「報酬額が大きい」ということだけが一方的に伝えられることが多いのが現状です。
もしも渋谷区で働ける風俗求人を見ているけれど、応募しても長続きしそうに無いとお考えになっている方であるならばどのようなやりがいがあるのかと言うことをまずは知ってみてください。
そこから「風俗の仕事でもいろいろな楽しみ方があるのだな」と言うことがおわかりいただけることでしょう。
普通の仕事ではなかなかやりがいを色々説明せよと言われても難しいところがありますが、風俗の仕事ならば割と簡単にやりがいを見いだすことが可能ですよ。